非営利活動法人 いこま山の子会

よくあるご質問

Q. 雨の日はありますか?
A. 雨の日もタープを使って活動を行います。
ただし大雨や強風などの場合は、屋内の施設を借りて活動を行うこともあります。
Q. 生駒市以外からも登園できますか?
A. どこからでも登園していただけます。奈良市や大阪市など他市からも通われています。
Q. 自然の中での安全面は大丈夫ですか?
A. 安全マニュアルをつくり、毎年スタッフで確認しあい更新しています。
救命救急講習も受け、避難訓練も行っています。
山では、スタッフ同士が連携を取り合い、必ず子どもを見守れるようにしています。子ども達と話し合い、活動範囲外へ行くときはスタッフと一緒に行くなど、ルールを決めています。
Q. 水曜日はなぜお休みなのですか?
A. 幼児期は、親子で過ごす時間も大切だと考えています。
さらに1週間を同じリズムで過ごせるよう夏休みを短くし、水曜日をお休みにしています。
Q. 公共の場でのマナーは守れますか?
A. 毎年遠足は、電車とバスを使います。
その際、子ども達には電車でのマナーについて話すと、きちんと座り、小声で話します。
縦割り保育のため、年長が年少の手をつなぎ、乗り換えの時など危なくないかなど、自ら見守ってくれます。
普段お山では自由に走り回っている子ども達ですが、理由をきちんと説明すると理解し行動します。
Q. 自分らしくってわがままにならない?
A. 相手に自分の思いや意見を言えることはとても大切です。
でも押し通そうとすれば、遊びはなりたたなくなります。
いこま山のようちえんでは、意見が合わずもめる経験をたくさん積んでいくことも大切にしています。
スタッフはどちらの子も話しを聞き、思いが伝えられるよう見守ります。
どうしたいか、どうしたらいいかを一緒に考えています。